ホワイトニングの痛みを防ぐ方法

ホワイトニングをした後に、痛みが出てしまう事があります。
その原因は、ホワイトニングの薬剤には高濃度の過酸化水素が使われているからです。
歯に傷があると、その傷口に薬剤が染み込んで痛みを感じてしまうのです。

 

この痛みはホワイトニングをしてから、24時間続きますが、それ以降は痛みを感じなくなります。
私がホワイトニングした時も、24時間以降は痛みを感じる事はありませんでした
しかし、この痛みを我慢出来なかったので、いくつか痛みを防ぐ方法を見つけました。

 

硝酸カリウムが配合された歯磨き粉を使用したら、ホワイトニングの痛みを和らげる事が出来ます
この硝酸カリウムは、歯に刺激が伝わるのを防いでくれる役割があるのです。

 

ナノハイドロキシアパタイトが配合されている歯磨き粉も、歯の痛みを和らげてくれます。
このナノハイドロキシアパタイトが配合されている商品として「アパガード」が有名です。
私もアパガードを使用したら、ホワイトニングしても痛みを和らげる事が出来ました。

 

このアパガードは痛みを和らげるだけではなく、その他に虫歯の原因となる歯垢を取り除いて、歯の着色も防いでくれます。
歯磨き粉で、ホワイトニングの痛みを和らげても我慢出来ない方は、痛み止めを飲む方法もあります。
ただし痛み止めを飲んでしまうと、胃が荒れやすくなる場合もあるので使用する時は慎重に選んだほうが良いでしょう。

 

ホワイトニングの痛みを防ぐ方法が面倒な方は、歯に傷を付けないように注意するしかありません。
歯ぎしりや虫歯などを防ぎ、もしも虫歯がある場合は、虫歯を完治してからホワイトニングを行う事が重要です